室戸基地だより

高知県室戸市でウミガメ保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!

プロフィール

ryoushinonpo

Author:ryoushinonpo
高知県室戸市でウミガメ調査・保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!
魚、ウミガメ、クジラなどなどたくさんの生物情報をお届けします!
ミニツアーやウミガメ出前授業などのプログラムも実施しています。お気軽にご相談ください!
ryoushi_muroto@yahoo.co.jp

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 10. 30

秋といえば祭りっ!!!その2

朝晩は冷え込み秋らしい季節になってきましたね

昼間との温度差に体調を崩さないように
みなさん気を付けて下さいね


さてさて秋と言えばお出かけするのにはちょうどいい季節~
と言うことで!!!
21日に室戸少年自然の家で開催された
くろしお祭りに参加してきましたー

くろしお祭りでは
海のクラフトや、スライム作りなどの体験コーナーや
パトカーや消防車に乗るコーナー
各種売店などの催し物が盛りだくさんのお祭りです

私たちも参加させていただき、
ウミガメグッズの販売と、ウミガメタッチングを行って来ました
ブース

ウミガメタッチングは子供から大人まで楽しめる
人気のコーナー

なのでまだ準備の最中に
親子連れや子供たちが興味津々で集まって来てくれました
sIMGP5381.jpg

みなさん高知県の砂浜にウミガメが産卵にくることは
ご存知でしたが、実際に見たことがない方が多く
ましてやタッチできるなんてなかなかない機会なので
子供も大人も大興奮~

開催時間中はたくさんの方々がウミガメにタッチして下さいました!!
子供たちにも性格があり、
平気で触る子もいれば、恐る恐る触る子、
怖いので一定の距離を保って遠くから見つめている子
一回目は触れなかったけど、二回目来たら触れた子たちなど
子供たちの個性が見えてとても楽しかったです

実物が目の前にいたので、大人の方からの
生態についての質問が多く、興味を持って下さっている方の
多さにびっくりしました


そしてなんとさらに驚きの光景が
ふと横を見ると以前のブログでご紹介しました
元小学校の少年3人組が
『俺らカメ好きだからいれちゃるよ!!』
と言って自分のお財布からお金を出して....
IMGP5362.jpg

ウミガメを助けるための募金箱に
お金を入れてくれているではありませんか
元小学校3人組

なんて...なんていい子たちなんだ
少年たちのような気持ちを持った子供たちが増えると
思いやりのある優しい世の中を
築いていけるんじゃないかなと思ったCBなのです


募金して下さった方、また物販を買って下さった方の
売上資金はウミガメを助けるための
活動費に使わせていただきます
ご協力ありがとうございました!!
これからも漁師のNPOをよろしくお願い致します

次はあなたの町に現れるかも


☆お知らせ☆
11月2~5日に室戸でジオパークの全国大会が開催されます
私たちは3・4日と漁師のNPO活動紹介のポスター発表をします!!
お時間のある方は是非お立ち寄り下さいねー♪
お待ちしております

byCB
スポンサーサイト

2012. 10. 24

秋といえば祭りっ!!!

秋といえば祭りっ

本日は室戸市椎名地区で行われている伝統的なお祭り
"神祭(じんさい)"を写真たっぷりでご紹介します

まずは前夜祭が始まります

IMGP5158.jpg

薄暗くなってきた中、椎名にある八王子宮に
巫女さんや頭人子(とうじんこ)が集まりだしました。

お宮で神事を行い、五穀豊穣、大漁追福を祈ります
そして舞台では太刀踊りが披露されます!!!

IMGP5167.jpg

提灯の灯りの中、刀を振りかざしながら舞う太刀踊りは
荘厳な雰囲気を醸し出していました。。

翌日!!
再度神事が執り行われます

IMGP5173.jpg

獅子舞と頭人子
頭人子とはお祭りの際に神様が宿るとされる子供のことだそうです!!
真っ白なお粉と真っ赤なほっぺたがかわいらし~い

IMGP5180.jpg

そしてお神輿登場
このお神輿には八王子宮の神様の御霊が宿ります。

IMGP5188.jpg

IMGP5195.jpg

ここでカルチャーショック!!!

お神輿の掛け声と言えば「ワッショイ!ワッショイ!!」や「セイヤ!ソイヤ!!」
と思っていたさやえんどう。

椎名の掛け声は‥

「あ~りゃ~りゃ~、こ~りゃ~りゃ~」

このゆっくりとした掛け声と共に、左右に揺れるようにし
一歩ずつお神輿は進みます。
地域によって色んな掛け声があるんですね~

椎名の町中を練り歩きながら"御旅所"(おたびじょ)という
神様の休憩場所でも神事を行います。

IMGP5204.jpg

この場所では餅まきも行われました!
もちろん参加しましたが、小さなお餅をキャッチすることは
できませんでした‥
そのお餅を食べたら一年間健康でいられたのに‥
とそこに‥

IMGP5206.jpg

ちゃーんと配りに来てくれました
配られているのはもち米とお芋
これで一年間は健康でいられます

お神輿はどうなっているのかといいますと‥
なんと海へと向かっていきますっ

IMGP5207.jpg

IMGP5214.jpg

そうなんですっ
お神輿ごと海へ入り、神輿洗いを行うんですっ

IMGP5219.jpg

荒波の中、沖へと進んで行く姿は迫力満点
波が来ても持ちこたえる姿は、力強く格好良い!!!!!

神輿洗いが終わるとお宮へ帰って太刀踊りが披露されます。

IMGP5257.jpg

普段の漁師さんの表情とはまた一味違って
皆さん本当に凛々しいっ
子供たちも一生懸命に踊っています

太刀踊りが終わると、祭りは終了。。
ではありません!!!!!!
何よりも大事なものが残っていますっ!!!!!

そう、宴会っ

IMGP5258.jpg

お母さん達が一生懸命作ってくれた地元の料理が
テーブルいっっぱいに並びます

魚や地元の食材をたっぷり使った料理は
美味し~い

地元色の濃いとっても美味しい料理がたくさんあるので、
それはまたの機会にご紹介したいな~と思っています

高知の人はお酒が強い!ということで、
楽しい宴会は夜更けまで続いていきます‥

さやえんどうにとっても初めてづくしの神祭!!
伝統的な太刀踊りや神輿洗いに感動し、
宴会ではたくさんの面白いお話をきかせていただき、
書きたいことはまだまだあるっ!!今回のブログですが、
長~~くなってしまったのでこの辺りで失礼致します

神祭について色々教えてくださったA.Hさん、
宴会に招待して下さった漁師さん方、
本当にありがとうございました
また色々教えて下さい

byさやえんどう

2012. 10. 16

行ってきました海遍路!!!!!

「海遍路」とは‥

人力のシーカヤックに乗り込み、遍路の島四国を海から訪れ、
その土地土地に住む人と繋がろう!というプロジェクトです

詳しくはホームページをご覧ください
http://umihenro.jp/

そんな壮大なプロジェクトに、畏れ多くもさやえんどう
漁師のNPOとして参加させていただきました

いつもは陸側から見ているカメの産卵地。海から見たらどう見えるんだろう?
ウミガメや海の生き物の気持ちになって乗ってみたい!
ということで、コックピットの前席に乗せてもらえることになりました。

私が搭乗させていただく区間は高知県東洋町~徳島県出羽島までの約18km

シーカヤック経験ほぼ0の私は、海洋冒険家・八幡暁さんにレクチャーを
していただきました。
八幡さん、世界の海をシーカヤックで駆け抜けるすごい人なんです!本当に!
そんな方直々にレクチャーを受け緊張気味のさやえんどう

CIMG6413.jpg

準備を整え、いざ出発

‥とそこに、地元東洋町の園児達が応援に駆けつけてくれました

CIMG6470.jpg

CIMG6554.jpg

地元の特産物や採れたて野菜の差し入れもいただき、
温かい見送りをしてくれました

CIMG6623.jpg

「いってらっしゃ~い!」
「頑張って~!」
「カメによろしく~!」

などなど可愛い声援を受けて、出発進行~

CIMG6680.jpg

出だしは波があるので必死!必死!!
漕いで漕いで沖まで出ると‥
(実際は私の漕ぐ力なんて超微力..八幡さんありがとうございます)

IMGP5129.jpg

静か。。
波の音も漁船のエンジン音も無く、静寂な海が広がっていました。
本当に物音一つ無く、漕ぐのを止めると無音の世界でした。

そして空が広い
電線や建物など何も遮るものが無く、地球は丸いんだなぁ‥
ということがまさに実感できるほどの広さでした

そして浜!!!!!

IMGP5134.jpg

カメラでは撮りきれない程広い砂浜が見れました。
この砂浜は徳島県でも有数のウミガメの産卵地です。
時速6kmで進みながら海側から見ると、延々と砂浜が続いていました。

IMGP5133.jpg

IMGP5131.jpg

小腹が空いたら小休止
東洋町から差し入れのお寿司をいただきます
海の上で食べるお寿司は格別です

途中トビウオの群れがシーカヤックを横切り感動

陸側からは見れない、波に削られたダイナミックな断崖に感動

目線が低く、今まで見たことのない距離で海が見れて、
でもちっとも怖くなくて感動

と感動しつづけ

感動しながら漕ぎ続けること約4時間

CIMG6818.jpg

目的地の出羽島に到~着~

CIMG6821.jpg

港にシーカヤックを停めて皆で記念撮影です

私は出羽島でカヤックを降りますが、皆さんは愛媛県の四国中央市を
目指し、漕ぎ進めます

出発地の東洋町でも、到着地の出羽島でも地元の方が
とても温かく迎えてくれます。
本プロジェクトの代表である高知大学の山岡先生がおっしゃるには、
これは人力のシーカヤックで来たから。
機械の力で来たのではこのような歓迎は得られない。
とのことでした。

今回参加させていただいて、実際にシーカヤックで海を渡ってみて
たくさんのものを見ることができました。

何よりとても楽しかったです

プロジェクトメンバーの皆様、本当にありがとうございました
残りの航海も無事に進みますよう、お祈りしております

byさやえんどう

2012. 10. 08

エビ網あるある

前回のCBの予告通り、エビ網で獲れる生物のご紹介を兼ねて
エビ網あるある集を公開~

完全に私の独断によりますが、
エビ網経験者(?)には"ある!ある!""知ってる!知ってる!"な
ちょっと面白い風景をご紹介しま~す

●あるあるその1
"絶対に食べちゃダメなカニ"

コチラのかわいい3匹のカニ

IMGP4484.jpg


名前を「スベスベマンジュウガニ」と言ってエビ網の
常連さんであります。

スベスベ!?まんじゅう!?
ハイ、冗談ではなく図鑑にも載ってる和名です(笑)

オウギガニ科マンジュウガニ属の仲間で
すべらかな甲羅を持つことが名前の由来だとか。

しかし!
カワイイ見た目とカワイイ名前に安心してはいけません
実はこのスベマン、
(名前が長いので略して呼んでます)
筋肉に「サキシトキシン」という毒をもっています

この毒ちょっとの量でも死に至る可能性のある
恐ろしい猛毒なんです

名前もインパクト大なのに、猛毒まで持っているなんて‥
エビ網でスベマンを見るたびに
"カワイイけど騙されないぞ"
と密かに思うさやえんどうです

●あるあるその2
"こっちは食べちゃってた!"

エビ網ではエビカニはもちろんのこと魚もたくさんかかります

IMGP4537.jpg

コチラの魚は「トラウツボ」
派手な模様のカッコイイウツボです
でも何だかノドのところが異様に膨らんでる‥

この流れ‥もうわかりますか??(笑)
そうです、ワタシ切っちゃいました


IMGP4547.jpg

IMGP4550.jpg

出ターーーー

ウツボは"海のギャング"とも呼ばれ、
鋭い歯を持つ肉食の魚ですが‥
喉に面白い歯があってエイリアンのように魚を飲み込む
ことができますが‥
(コレ、話すと骨の話で長くなるのでまたの機会で)

自分の頭より大きい魚を飲み込むなんて

エサとして食べたのか、水揚げされる時に焦って
ついつい飲んでしまったのかはわかりませんが、
エビ網でみるウツボは大抵なにかを飲みこんでいます

"今回は何を飲んでるんだ"と期待しながら
メスを持って漁港をうろつくさやえんどうです


●あるあるその3
"エビ網好きは人間だけじゃない"

IMGP4443.jpg

IMGP4445.jpg


IMGP4562.jpg


以上いかがでしたか(笑)
まだまだあるあるエビ網小話集
続きはまたの機会にご紹介致します

byさやえんどう

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。