室戸基地だより

高知県室戸市でウミガメ保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!

プロフィール

ryoushinonpo

Author:ryoushinonpo
高知県室戸市でウミガメ調査・保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!
魚、ウミガメ、クジラなどなどたくさんの生物情報をお届けします!
ミニツアーやウミガメ出前授業などのプログラムも実施しています。お気軽にご相談ください!
ryoushi_muroto@yahoo.co.jp

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014. 11. 27

日本ウミガメ会議スタート!!!

ウミガメ好きの方、お待たせいたしました!
第25回日本ウミガメ会議が11月28日~11月30日の3日間、
鹿児島県の奄美大島にて開催されます。

カメ


参加したかったけど日程が合わなかった方のために...
何と会議の様子が見えるんです!
http://www.ustream.tv/channel/%E7%AC%AC25%E5%9B%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%A1%E4%BC%9A%E8%AD%B0

発表スケジュールは下記の通りです。

11月28日(金)16:30~18:30
◆招待講演
「素晴らしきハワイ諸島のウミガメたち:驚異的な回復を遂げた40年間」

11月29日(土)13:00~15:15
◆食害セッション
「ウミガメ卵の捕食者とその対策例」
「表浜海岸における哺乳類による食害報告」
「和歌山県みなべ町千里の浜におけるタヌキによるアカウミガメの産卵巣食害状況とその対策」
「屋久島で確認されたタヌキによるウミガメ卵・仔ガメの食害」
「2014年奄美大島におけるリュウキュウイノシシによるウミガメ卵の食害状況」
「沖縄島におけるアカマタによるウミガメ卵の捕食状況」
「西表島におけるリュウキュウイノシシS.scrofa riukiuanusによるウミガメ卵捕食の実態」

15:30~17:00
◆口頭発表
「沖永良部島の9年間上陸産卵データまとめ}
「小笠原諸島父島における島民のウミガメ観を通して考えるアオウミガメとの共生」
「鹿児島の離島域における人とウミガメの関わり」
「種子島前之浜における堆砂垣を用いた砂浜保全」
「私のウミガメ研究~一宮のウミガメと月の形・潮・巣の温度との関係~」

11月30日(日)9:00~10:15
◆口頭発表
「美波町日和佐大浜海岸での光害対策への取り組み」
「砂の粒径によるアカウミガメの孵化幼体の脱出、運動性の違いについて」
「和歌山県千里浜におけるアカウミガメの複数父性現象の経年変化」
「タイマイに見られる外部形態の地理的変異」
「日本産アカウミガメにおける背甲および頭部の鱗板数」

10:30~11:45
◆口頭発表
「甲長組成とmtDNAから推定された奄美群島以南で産卵するアカウミガメの生態」
「悠ちゃんプロジェクトの総括」
「アオウミガメの弁別能力について」
「飛行機を利用したアオウミガメの長距離輸送について」
「雌タイマイの発情の予兆」

面白そうな議題が沢山ありますね!
私は室戸での調査があるので会議に行くことはできませんが、
パソコンで会議の様子を見たいと思います。
皆様もぜひご覧下さい!

by田中
スポンサーサイト

2014. 11. 21

大型新人(身長180cm)現る

冬らしい寒さになってきましたね
寒い時期がくる度冬眠したいなと思ってしまうCBです

さてさて、今月から3月まで室戸へウミガメ協議会の新人くんが
新人研修にやってきました
自己紹介を兼ねて、室戸での意気込みを語ってもらいましょう!!
では、どうぞ!!


初めまして!
日本ウミガメ協議会の田中颯(はやて)と申します。

沖縄県の端にある黒島という外周13kmの小さな島で
半年間ウミガメの飼育・調査を勉強してきました。
黒島は観光のお客様が多く、接客をする機会がたくさんありました。
室戸はイベントがたくさんあるので、黒島で鍛えられた接客術を活かしたいと思います!

室戸基地では主にウミガメの調査を行っていますが、
網に入った生物調査もしています。

ウミガメ計測:田中

南国の鮮色でゆったりと泳ぐ魚とは違い、
室戸では泳ぐのが速くかっこいいバショウカジキに出会いました。
アカムロやキハダマグロなど美味しそうな魚にも目を奪われました。
(ちなみに私の大好物はブリです。

アカムロ

室戸に来て数日ですが漁港ではアカシュモクザメや深海魚などの
普段見ることのない生物を見ることができ興奮しました。
毎日の漁港調査が楽しみで仕方がありません。
これから半年間の室戸勤務になりますが、よろしくお願いいたします。

IMGP8656.jpg

最後になりましたが、「さやえんどうさん」や「CBさん」のようなあだ名がありません。。。
あだ名募集中です。

by田中

2014. 11. 12

2014 ホネサミ!

行ってまいりました
ホネホネサミット2014in大阪市立自然史博物館

台風のため2日間の日程が急遽1日のみの開催となってしまいましたが、
3000人ものお客さまにご来場いただけたようです

私は日本ウミガメ協議会室戸研究基地のブースにウミガメと魚たちの骨を、
ホネサミ ウミガメ

四国自然史研究センターさん&漁師のNPOのブースにクジラとイルカの骨を、
出展させていただきました~
 ホネサミ 四国2

"うわー!かっけー!"と一生懸命見てくれた子供ちゃんや、
"これどうやって作るんですか!?"と勉強しに来てくれた学生さんや、
"昔こんなん漁でよう獲ったわ~"という漁師さんや、
"よく食べるけど魚の骨なんかじっくり見たことなかった~"というお母さんや...

たくさんの方に声をかけていただいて、さやえんどう感動
&大変勉強になりました

まだまだ冷凍庫に眠っているホネ予備軍がたくさんいますので、
また面白い骨格標本をつくりたいな~と改めて気合が入った
さやえんどうでした

ご来場いただいました皆さま、お世話になった四国自然史研究センターの皆さま、
ありがとうございました


おまけ
参加者の方々も凄い顔ぶれ
超有名な先生がいたり、プロフェッショナルばかりの場に緊張しましたが…
色々なお話が聞けて、とてーも楽しかったです
ホネサミ 宴会

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。