室戸基地だより

高知県室戸市でウミガメ保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!

プロフィール

ryoushinonpo

Author:ryoushinonpo
高知県室戸市でウミガメ調査・保護を中心に活動している漁師のNPO(日本ウミガメ協議会室戸基地)のスタッフブログです!
魚、ウミガメ、クジラなどなどたくさんの生物情報をお届けします!
ミニツアーやウミガメ出前授業などのプログラムも実施しています。お気軽にご相談ください!
ryoushi_muroto@yahoo.co.jp

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014. 03. 19

ワレワレカラカラ

やっとぽかぽか暖かくなってきましたね~
そんな日はフィールド調査にもってこい
というわけで、先日兵庫県神戸市よりワレカラの先生が
室戸へ調査にやって来ました~

sIMGP0293.jpg

"ワレカラ"とは当ブログでもちょこちょこ出てきていましたが、
とてーも小さい生き物で

ワレカラ

エビやカニと同じ、甲殻類の仲間です

後ろ足で海藻や漁港の網などにくっついて海藻のフリをしながら、
前足でエサのプランクトンをかき集めて食べています

sワレカラ

先生方はこのワレカラのハプロタイプ(遺伝子のセット)を調べています。
DNAで分類をし、それを形態と照らし合わせることで
姿かたちを見ただけで種が確定できるようになるのが目標とのこと

今のところ、日本海側タイプと太平洋側タイプに分かれるそうです

ワレカラ採取の様子2 

は網についた海藻からワレカラを取りはずしている所です。
なんせ小さいので採取も大変です

実はウミガメの甲羅についているコケにも
ワレカラがいることがあります

ワレカラ2

このワレカラを調べることによって、
カメがどこから来たのか
逆に、カメや海の生き物にくっついて
ワレカラがどのように広がっていったのか

といったことがわかると面白いですよね

ワレカラでウミガメがわかる
ウミガメでワレカラがわかる
なんだかちょっとワクワクしませんか

今回は室戸でもたくさんのワレカラを採取していただけたので
どんなハプロタイプが見られるのか楽しみです

byさやえんどう


スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

こんにちは。
「ワレカラ」不思議な生物ですね。

☆Take It Easy☆ さん

おはようございます!
「ワレカラ」不思議でおもしろくてちょっとカワイイ生き物ですよねi-236i-260

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://ryoushinonpo.blog.fc2.com/tb.php/83-3e32de10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。